紫外線対策

アンチエイジングとホルモンの関連性

女性ホルモンとは女性の体をつかさどる器官のようなものでこれが減少すると明らかに老化につながっていくのです。
また女性ホルモンが乱れると分かりやすく言うとイライラしやすくなったり、疲れやすくなったりと体の不調につながります。
この女性ホルモンとは人間の体から分泌するもので若い時や20代の前半くらいまでは常に分泌してる状態なのでそれほど老化の心配は無いのです。

しかし女性の肌の曲がり角と言われる四半世紀の年齢を過ぎてくれば徐々に自分でその変化がわかってくるでしょう。
有名な話の寝る子は育つという言葉があるように寝てる間にこの女性ホルモンが分泌しているのです。
人間が寝ている間というのは女性ホルモンが最も活発になる時間ですから夜更かしや夜寝ないで行動することは老化に繋がっていくのです。

ですからアンチエイジングのためにも夜更かしをしないで夜10時から2時位の間にはしっかりと睡眠をとるようにしましょう。
それから女性モルモンが減少するという事は老化でも見た目の変化に繋がることとなりますからアンチエイジングの為に質の良い睡眠を心掛けたいものですね。
女性ホルモンの分泌にはしっかりと質の良い睡眠が何よりも欠かせないものですので普段からアンチエイジングの為にも気をつけていきましょう。


このページの先頭へ